• ホーム
  • Googleサーチコンソールで何が出来る?

Googleサーチコンソールで何が出来る?

サイトを作ったのなら必ず登録しておきたいのが、Googleサーチコンソールです。GoogleサーチコンソールとはGoogleが提供するWebサービスのひとつで、サイト運営者向けのサービスを提供しています。沢山のサービスの中でも、比較的サイト運営者に向いたサービスといえるでしょう。

まず、基本的にサイトを作ったときに登録しておくのがおすすめです。
というのも、そのサイトの運営者が誰かという事を判断出来ます。このため、サイトの運営者に向けたメッセージを送りやすく、対策もサイト運営者ならぜひ行いたい対策が行われています。

この内容としては、まずはサイトを作ったときのXMLサイトマップを伝える、というのが一つの目的です。XMLサイトマップとは、検索サイトや検索ロボットがそのサイトやそのページ内にどのようなサイトやページを持つか、ということを伝えるもので、人が見る用のブログやサイト内にあるサイトマップとは違います。

次に、検索パフォーマンスの確認です。検索パフォーマンスとは、あらかじめそのサイトの検索ボリュームや検索キーワードなどを表示したものです。
つまりそのサイトがどのくらい検索されているか、どのくらいの順位なのか、どういうキーワードで来ているか、という事をチェック出来ます。どういう検索クエリなのか分かるため、今後のサイト運営の参考にもなるでしょう。

また、Googleはモバイル対応を重視しているので、モバイルユーザビリティの判断も出来ます。これはそのサイトがどのくらいモバイル対応しているか、スマホで見やすいかを表しています。モバイルユーザビリティは検索サイトでも重要な項目ですので、適切に対応しておきましょう。

その他、インデックス速度や検索キーワードに基づいた順位、手動対策の有無などが分かります。
特にリンクのエラーやリンクチェックなどは大事な案内が出る場合があるので欠かさずチェックしましょう。カバレッジがどのくらい行われたかもチェックしておくと、検索順位にどのような影響があるかも判断出来ます。

特に新しいサーチコンソールになってからは検索のインデックス速度や手動対策の有無なども分かりやすくなりました。新しいサーチコンソールになる事によって、リンクのエラーやクエリ、カバレッジなどが分かりやすくなったという評判があります。
サイト運営者なら欠かさず登録をしておき、定期的にチェックしてみるといいでしょう。

関連記事