• ホーム
  • Googleアナリティクスでアクセス解析に挑戦!

Googleアナリティクスでアクセス解析に挑戦!

Googleアナリティクスというのも、出来ればサイト作成完了時に一緒に登録しておきたいところでしょう。
Googleアナリティクスとはそもそも何かというと、サイトのアクセス解析のサービスのひとつです。そのサイトにどのくらい人が来たか、どのようなページを見てきたいか、どのような行動をしたか、という事が分かるでしょう。

特にGoogleアナリティクスの優れたところは、離脱ページの指定や直帰率、行動フローなどのとても細かい動きが分かるという点です。
というのも検索サイトの情報としては本当に様々な所まで分かり、例えばこのページで離脱ページになっているのでそのページで他のページへの導線を配置する、などの対策が取れるでしょう。

直帰率とは、そのページを見てサイト内回遊をせずに帰った人の確率です。サイト内をしっかりチェックしてみることなく帰るため、ブログのファンになるとは言い難い傾向があります。このため、そのページにサイト内の案内をつけるともっとサイト内をいろいろ見てくれる確率が高くなります。

また、ランディングページという機能もあります。これはユーザーがアクセスしてきたときに一番最初に見たページのことを指し、ネットでよく言う商品を売るための専門的な長いページではありません。このページの印象によって離脱するかどうか、直帰率にも影響を及ぼしますので気を付けておきましょう。

読まれているページの一覧というのもあります。これはサイト内のすべてのページでどのページが読まれているかというのを判断するもので、一覧で表示されます。特に人気のあるページやその内容なので、読まれているページについては行動フローの中に含まれる事が多く、サイト改善のために参考にしてもいいでしょう。

ランディングページや離脱ページなどの細かいところもありますが、意外な点ではメモ機能も充実しています。
これは細かいメモやサイト改善のメモなどを残せるので、PDCAを回す人や、詳細なメモを取りたい人は活用しておきましょう。

また、チャネルというのもあります。これはそのユーザーがどこから来たかを表すもので、検索サイトから来たのか、検索してきたのか、ブックマークなどからの流入なのかを確認出来ます。

他のアクセス解析に比べて、チャネルが細かかったりメモ機能がついている、期間を自由に選べるなど、かなり高機能なのが特徴です。PDCAを上手に使いながら、適切にアクセスを集めていくようにしましょう。

関連記事