• ホーム
  • 記事の書き方がわからない?事前準備が成否を分ける!

記事の書き方がわからない?事前準備が成否を分ける!

色々なSNSのアイコン

ある程度サイトの作成や更新が出来るようになったら、改めて記事を書きましょう。記事の書き方についてはいくつかの方法がありますが、ここでは基本的な事前準備や知識、マインドについて紹介します。

まず、記事は基本的に記事タイトルと本文、そしてタグやカテゴリなどから作られます。基本的に記事タイトルを読んで文章を読むかどうか決めているユーザーが多いので、記事のタイトルはとても重要です。また、タグやカテゴリには多くの情報を短文で詰める事になります。記事の内容を伝えたり、ブログ内でのその記事の整理を行う事が出来るでしょう。

次に、ブログの記事の書き方です。初心者の場合、まず何よりも大事なのが分かりやすいブログ記事を書く事よりも、まずはブログ記事を書く事に慣れましょう。適切なタイミングで画像を配置したり、そもそも画像が必要なのかどうか、ということを判断出来るようにする事、またブログそのものの使い方を知る事が大事なのです。とりあえず、記事を書く事、タイトルをつける事、タグやカテゴリで記事を整理する事などをきちんと考えておきましょう。

数記事投稿して使い慣れてきたら、ブログの記事を実際に読み直してみるといいのです。読み直す事で自分のブログには何が足りないのか分かりますし、誤字脱字の修正も出来ます。また、慣れてない部分を補ったり、使いづらい点に気を付けて次の記事を作るなどの工夫も出来るでしょう。
とにかく、書いた文章を自分で読んでみてどうか、という事を考えなくてはなりません。

また、ある程度ブログ記事が溜まってきたらリライトするのも方法です。リライトとは自分のブログ記事を書き直して、SEO対策や読む人に分かりやすい記事にするという作業です。集客しやすいブログほど、このリライトに気を使っています。特に昔の記事を修正して再掲載することは悪い事ではありません。

最後に、マインドについてです。初心者の場合はつい最初から完璧を求めないように心がけ、とにかくブログ記事を書く事、慣れる事、誤字脱字を減らす事を心がけてください。
というのも、最初から完璧な記事を書ける人や、1記事だけで大量にバズる人などはいません。完璧を求めないで定期的にコツコツブログ記事を書いていると、ある時いきなりブログ記事のひとつに注目が集まるようになる、というブログは少なくないのです。
定期的に読み直す事も心掛けながら、まずはブログを続けていく事を考えましょう。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧