• ホーム
  • 知らないうちにペナルティを受けないようにしよう

知らないうちにペナルティを受けないようにしよう

SEOには様々な方法があります。実は残念な事に、過去は有用とされていたSEO対策が、今では検索順位を下げる要因になってしまう事が少なくありません。実施するとペナルティを受けてしまう事もありますから、気を付けておきましょう。

まず、ペナルティを受けないために最も大事なのがウェブマスター向けガイドラインをチェックする事です。これは品質に関するガイドラインともいわれ、いかに検索順位で上位を狙うか工夫している人たちにとっては大事な文章です。検索サイトで有名なGoogleが公表していますので大変信頼出来ますし、内容も分かりやすくなっています。ここで基本的な内容について触れられていますので、必ずこの内容は守ってください。

ペナルティを受けないようにするためには、ペナルティの種類そのものについても知りましょう。
ペナルティは手動ペナルティというのと自動ペナルティというのがあります。この二つは似ているようでかなり違い、対策も全く違ってきます。

自動ペナルティはその名の通り自動で発生し、実は正直なところどのような条件で発生するのかはよく分かっていません。このため、どういう理由でどういうペナルティになったのかという事を判断するのは難しいものですし、どういう点が引っかかったのかを判断するのは難しい場合があります。
基本的に自動ペナルティは再審査などを受け付けておらず、また順位が圏外に飛ぶほどの大きなものではありません。その代わり、何となく検索順位が下位になってしまったり、何となく順位が下がるという傾向があるため、明確にこれという対策が出来ない場合があります。

一方、手動ペナルティは実はかなりはっきり分かります。というのも、serch console内でペナルティ発生が通知されますし、検索順位が圏外に飛ぶ、上位から一気に非表示になるなど、検索順位にも大きな影響を与えるのです。
手動ペナルティの場合は特に悪質な外部要因や、ウェブマスター向けガイドライン、品質に関するガイドラインの内容に違反している場合などの、とりわけ悪質な場合が多いでしょう。
基本的にこの場合、修正したり被リンクを否定したりして再審査するという方法があります。特に外部要因の場合、serch console内で対策を取るか、被リンクを外して再審査を依頼する、あるいは圏外になってペナルティを受けたのでサイトの運営を中止する、などの方法があるのです。

関連記事