• ホーム
  • ブログのネタはどこにでも転がっていることを知ろう

ブログのネタはどこにでも転がっていることを知ろう

カーソル

ブログは出来るだけ毎日更新した方が良いのですが、実際はそれぞれのブログごとに更新出来る頻度や内容などは違います。このため、意外とネタに困るブログ運営者は少なくありません。
ブログネタの作り方や書き方はどのようにすればいいのでしょうか。

まず、基本的にブログネタはそこらへんに落ちているわけではない、という事を覚えておきましょう。ただの雑記ブログや日常ブログであっても、何もない日常を淡々と記録するのが目的だというブログ以外は自分で積極的にネタを探しに行くしかありません。
とはいえ、そんなに変動が無かったり、あまりネタになるような事が多くはない内容のブログの場合、書けないことやネタ切れなんて珍しくない事態です。それでは、どういう風にブログネタを集めればいいのでしょうか。

一つの方法としては、実際に自分が困った事を記事にするという物です。
自分でやってみたことや自分がしてみたこと、困った事や解決した事、逆に出来なかった事などを記事にしましょう。例えばある事に困ったら、困った事の内容について記事にします。次に、それを解決するための方法を一つ一つ取り組んで、それらをまた改めてブログ記事にしていきましょう。

次に、実体験を記事にするという方法です。
実体験とは、具体的に何をやったかという体験談や、行ってみたとかそういう事です。自分がやってみた事やそれらにまつわることを書いてみましょう。意外と多くの事が書けるでしょうし、特に行ってみた感想というのは貴重です。自分でやってみたこと、解決した事などを書いてみましょう。

あまり積極的におすすめは出来ませんが、ただのメモや雑記を公開するのも方法です。
メモは基本的にブログ記事そのものや完璧な記事にはなりにくいのですが、それらを書く事である程度の記事になり、更新のためのプラスになります。とはいえ、このようなメモは内容が多くない事もありますので、基本的にそこまで積極的にはお勧め出来ません。

また、他のブログを参考にして記事にするとか、いわゆるQ&Aサイトを記事にするのも方法です。他のブログやライバルブログは似たような内容を扱いますし、Q&Aサイトは困った事へ回答が得られるようになっており、困った事・解決した事についてのヒントを得られます。
とはいえ、まったく同じ内容をそのまま転載するのはマナー違反で著作権の侵害です。このため、参考にする程度にとどめましょう。

実はブログのネタ切れや書けない、というように感じているブロガーは少なくありません。普段からメモを取りネタ帳を作るなどの工夫も必要になります。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧